一月往ぬる二月逃げる三月去る

あっという間に、新年の挨拶を書くまもなく年度末です。

子どもの頃に、母や祖母から
「一月往ぬる二月逃げる三月去る」「三学期はすぐ終わるよ」と言われ、
「一月犬、二月逃げる三月猿」?
と勘違いしていたのが懐かしいです。

インフルエンザもすでにピークを越えて、
花粉症まっただ中の今日この頃ですが、
今年も、いやここは敢えて、来年度もよろしくお願いします。


あけましておめでとうございます。

本日、1月6日より通常通り診療しています。


流れ雲~待合室の絵を掛け替えました

先月、6、7年ぶりに高校時代の同級生I君に再会しました。

I君は、東京で英語の先生をしていて
修学旅行の引率で京都に来ていたのです。

たまたま宿泊先が
クリニックから歩いて5分の
聖護院御殿荘だったので
生徒さんたちが京都見学をしている自由時間に
クリニックで再会したのでした。

「久し振りじゃのぉ」
「元気にしとったんか」
「そうじゃ、遅ぉなったけど今度開院祝いに絵をおくるわぁ」
「ほんまかぁ、すまんのぉ」

僕らは広島出身なのです。

数日後、送られてきた絵を
待合室にかけました。

イシイタカシ先生の「流れ雲」という絵です。

クリニックの雰囲気にバッチリ合っていますね。

ありがとう、I君。



絵01

絵03
プロフィール

ドクター松本

Author:ドクター松本
2009年9月、京都市左京区聖護院(平安神宮北側)に、内科・アレルギー科のクリニックを開院しました。高雄病院で10年間研鑽したアトピー治療のスキルを生かして、アレルギーの診療に日々奮闘中です。

リンク
フリーエリア
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2カウンター