「脱ステ」が引き起こすリバウンド被害

ステロイドの副作用で「リバウンド」という言葉を聞たことがある方も多いと思います。

アトピーで金儲けしてやろうと企む「アトピービジネスマン」達は、
ステロイドを塗るとリバウンドが起きる、と強調しますが、
それ、間違いです。

「脱ステ」がリバウンドを起こすのです。

どのようにリバウンドが起きるか、というと、、

① 長年、全身のアトピー性皮膚炎に、毎日少しずつステロイドをぬっている人が
② ある日突然ステロイド外用を中断してしまうと ←これが「脱ステ」
③ 全身の皮膚が真っ赤に腫れ上がり、じゅくじゅく汁が出て酷い状態になる。

そのような状態では、入院治療が必要になります。
治療はステロイド軟膏外用、ステロイドの内服、
場合によってはステロイドの点滴を行います。

私達、正しくステロイドを使ってアトピーを良くしようと考えている医療者は、
リバウンドのことを「リバウンド被害」と呼んでいます。

私も、高雄病院に勤務していた頃、リバウンド状態の患者さんの治療に携わりました。
全身ステロイド外用、包帯ぐるぐる巻き状態でしたが、1週間後にはすっかり良くなりました。

リバウンドがステロイドで起きるのだったら、リバウンドの治療でステロイドを使って良くなるはずが無いですよね。

「脱ステ」を勧めるサイト、場合によっては医者の事もありますが、そういう人たちは、実際にリバウンドになって酷い目に遭った患者さんの治療に関わることは一切無いので、こんな無責任なことを主張し続けるのだろう、と思います。

あるニュース番組をきっかけに「脱ステ」が激増したことがありました。
それは、、

(続く)

「アトピービジネス」って何だ?

ネットで「アトピー、治療」と検索すると、
民間療法のサイトがたくさんヒットします。

まつもとクリニック、など個別の医療機関のサイトは、上の方には全然出てきません。

民間療法というと、
健康食品、サプリ、鍼灸、保険適応外の漢方、石けん、シャンプー、生活習慣指導
など色々なものがありますが、
それが全て「アトピービジネス」というわけではありません。

まつもとクリニックでも、肌に優しい石けん、シャンプー、紫外線対策の日焼け止めクリーム
などをおすすめしています。


「アトピービジネス」とは
1)ステロイド軟膏やプロトピック軟膏など、医療保険が使える標準治療を全否定。 
  「ステロイドの害」を発信して患者さんの不安をかき立てる。
2)保険が使えない検査を行い、独自に編み出した治療を行う。
  軟膏、サプリなど。しかも高額。
3)ステロイド治療を中止するよう指導することがあり、それによって皮膚炎の悪化、
  リバウンド被害が発生する。

良くなりたいと思う患者さんの気持ちにつけ込む。
効果ない治療を続けさせる。
リバウンド被害で全身皮膚炎の悪化を来たし、入院する人もでてくる。

たくさんお金を払って、全く良いことはありません。

そもそも、そんなに良くなる治療法があるのなら、健康保険が使えるようになり、日本全国、どこの病院でも標準治療としてアトピー性皮膚炎の患者さんに提供できるはずなのです。

リバウンド被害については、いろいろ誤解があると思うので、次回くわしく説明します。

(続く)

横行する「○○ビジネス」

先日、倒産した臍帯血バンクから入手した臍帯血を違法に投与したとして、医師を含む数人が逮捕される事件がありました。

そもそも「臍帯血移植」とは、骨髄移植のかわりに白血病などの血液ガン治療の一環として行われるもので、臍帯血を単にそのまま投与しても、何の抗がん効果もありません。また、美容効果など一切ありません。

健康保険が使える標準治療を逸脱した治療なので、高額の自費診療を行っていたと報道されています。末期ガンで既存の治療が効かなくなった患者さん、ご家族の方々のワラをもすがりたい気持ちを悪用した、悪質な「末期ガンビジネス」の一例です。

アトピー性皮膚炎治療においても、健康保険が使えない検査、治療を行う「アトピービジネス」が行われていることがあります。

(続く)


プロフィール

ドクター松本

Author:ドクター松本
2009年9月、京都市左京区聖護院(平安神宮北側)に、内科・アレルギー科のクリニックを開院しました。高雄病院で10年間研鑽したアトピー治療のスキルを生かして、アレルギーの診療に日々奮闘中です。

リンク
フリーエリア
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2カウンター