ひのきの花粉にご注意!

4月になり花粉もヒノキへと変わっています。
ここ数日は、日によって多かったり、少なかったり変動があるようです。

ヒノキは、花粉粒子の大きさがスギより小さく、
のど、咳、喘息などの症状を起こしやすい特徴があります。

治療を受けている人も、そうでない人も
マスク、うがい、洗顔などのセルフケアは
症状改善、発症予防のため
習慣として続けてください。


花粉症初期療法ノススメ

今年は異常なくらい寒波がやってきますが、
来週になれば、そろそろスギ花粉が飛び出します。
季節の移り変わりは早いものですね。

毎朝届くスマホの天気予報の通知では
スギ花粉はゼロではなく、「少ない」と表示されます。

今年のスギ花粉飛散量は、去年並みと予想されていますが
患者さんの中には一月末頃から鼻炎症状が出ている敏感な方もおられます。

花粉症シーズンを少しでも楽に乗り越えるために
「花粉症初期療法」
を当院ではおすすめしています。

「花粉症初期療法」とは
1)花粉飛散開始時
2)花粉症症状が少し出はじめた時
どちらか早いほうから内服治療を開始する治療で
花粉症の悪化を防止する効果があります。

かく言う私も花粉症持ちで症状出はじめているので、今日から内服治療を始めました。
週末からの寒波が過ぎ去る2月中旬ごろからの治療開始を患者さんにはお勧めしています。

ぜひ早めの治療で快適な春をお過ごしください。


「脱ステ」が引き起こすリバウンド被害

ステロイドの副作用で「リバウンド」という言葉を聞たことがある方も多いと思います。

アトピーで金儲けしてやろうと企む「アトピービジネスマン」達は、
ステロイドを塗るとリバウンドが起きる、と強調しますが、
それ、間違いです。

「脱ステ」がリバウンドを起こすのです。

どのようにリバウンドが起きるか、というと、、

① 長年、全身のアトピー性皮膚炎に、毎日少しずつステロイドをぬっている人が
② ある日突然ステロイド外用を中断してしまうと ←これが「脱ステ」
③ 全身の皮膚が真っ赤に腫れ上がり、じゅくじゅく汁が出て酷い状態になる。

そのような状態では、入院治療が必要になります。
治療はステロイド軟膏外用、ステロイドの内服、
場合によってはステロイドの点滴を行います。

私達、正しくステロイドを使ってアトピーを良くしようと考えている医療者は、
リバウンドのことを「リバウンド被害」と呼んでいます。

私も、高雄病院に勤務していた頃、リバウンド状態の患者さんの治療に携わりました。
全身ステロイド外用、包帯ぐるぐる巻き状態でしたが、1週間後にはすっかり良くなりました。

リバウンドがステロイドで起きるのだったら、リバウンドの治療でステロイドを使って良くなるはずが無いですよね。

「脱ステ」を勧めるサイト、場合によっては医者の事もありますが、そういう人たちは、実際にリバウンドになって酷い目に遭った患者さんの治療に関わることは一切無いので、こんな無責任なことを主張し続けるのだろう、と思います。

あるニュース番組をきっかけに「脱ステ」が激増したことがありました。
それは、、

(続く)

プロフィール

ドクター松本

Author:ドクター松本
2009年9月、京都市左京区聖護院(平安神宮北側)に、内科・アレルギー科のクリニックを開院しました。高雄病院で10年間研鑽したアトピー治療のスキルを生かして、アレルギーの診療に日々奮闘中です。

リンク
フリーエリア
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2カウンター