ひのき花粉に注意

4月になり花粉もスギからヒノキへと変わっています。

ヒノキの花粉は、大きさがスギより小さく、
のど、咳、喘息などの症状を起こしやすい特徴があります。

私も2種類の錠剤を飲んでいて、スギの頃はコントロール出来ていたのに
ヒノキになって調子悪くなり、おまけに目もかゆくなり、参っています。
マスク、うがい、洗顔などのセルフケアも欠かせません。

花粉症の皆様、ご注意ください。

花粉症対策をはじめましょう

テレビの天気予報でも、花粉注意報が出るようになりました。

京都でも、
「少ない」から「やや多い」と
一気に飛散量が増加しています。

まつもとクリニックにも
1月最終週から敏感な花粉症の患者さんが来院されるようになりました。

かく言う私も花粉症なので、抗アレルギー剤を飲み始めました。

花粉の本格飛散前に
抗アレルギー剤を飲み始める
花粉症初期治療
症状の悪化を抑えることができます。

早めの受診をお勧めします。

あ、まつもとクリニックは
予約優先制で診療していますので、
久し振りの方も
待ち時間短縮のため
事前の予約を、よろしくお願いします。


いつ飲むの?今でしょ!

今日は少し冷えますが
今週日曜日ぐらいから一気に春めいて、
日中10℃を超えるようになってきました。

テレビの天気予報でも
降水確率に続いて
花粉予報が流れています。

花粉が飛ぶ季節がやってきました。

毎年花粉症にお悩みの方、
なるべく早く抗アレルギー剤の服用開始されることを
おすすめします。

今の時期に治療を開始すると
「花粉症初期治療」といって
抗アレルギー剤の定期的内服で
症状が悪化することを防ぐことができます。

実は私も、抗アレルギー剤を飲み始めています。

プロフィール

ドクター松本

Author:ドクター松本
2009年9月、京都市左京区聖護院(平安神宮北側)に、内科・アレルギー科のクリニックを開院しました。高雄病院で10年間研鑽したアトピー治療のスキルを生かして、アレルギーの診療に日々奮闘中です。

リンク
フリーエリア
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2カウンター