FC2ブログ

食物アレルギーのIgG検査は、百害あって一利なし。

6月16日、読売テレビの「ザ・世界仰天ニュース」で
激しい咳、倦怠感、血便、脱毛に悩まされているプロゴルファーの話が取り上げられ、
「遅発性アレルギー、IgG抗体検査」
の話がありました。

食物アレルギーのよくあるパターンは、食べてすぐ症状が出る
「即時型アレルギー」
で、
検査では「IgE抗体検査」の数値が上昇します。

時々、食後数時間から48時間以内にかゆくなる
「遅延型アレルギー」
というタイプもあります。

医学生の頃に勉強した知識では
遅延型アレルギーはIgGではなくリンパ球の反応だった記憶があり
調べてみました。

その結果、遅延型アレルギーでは、
IgEでも少し遅れて症状が出ることがあること
IgEが上昇せず、リンパ球が反応する「Ⅳ型アレルギー」で症状が出ることもあり
Ⅳ型アレルギーの場合は、
「皮膚パッチテスト」
研究的な検査として「アレルゲン特異的リンパ球刺激試験」
があるものの、
「IgE抗体検査」のように結果がはっきりわかるものではない
ことがわかりました。

また、
例の「IgG抗体」ですが、
アメリカ、ヨーロッパのアレルギー学会
日本アレルギー学会
日本小児アレルギー学会
では、
食物アレルギーの診断にIgG抗体検査の有用性はないとされています。

つまり
IgG抗体を調べても、
食物アレルギーの診断には意味がない。

ということですね。

ネットで
「遅延型アレルギー」「IgG」
を検索すると
たくさんのサイトがヒットします。

なかには、クリニックで
わざわざアメリカまで血液を送ってIgG抗体を診断!
診断料は保険適応外で3~4万円!
と謳っているサイトもありますが、、

皆さん、IgG検査には引っかからないようにご注意くださいね。

参考サイト
日本アレルギー学会
日本小児アレルギー学会



関連記事
プロフィール

ドクター松本

Author:ドクター松本
2009年9月、京都市左京区聖護院(平安神宮北側)に、内科・アレルギー科のクリニックを開院しました。高雄病院で10年間研鑽したアトピー治療のスキルを生かして、アレルギーの診療に日々奮闘中です。

リンク
フリーエリア
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2カウンター