FC2ブログ

成人喘息10年寛解率は、12~20%

引き続いて、京都呼吸器内科ネットワークでのお話。

「成人喘息の10年寛解率は、12~20%」

聞き慣れない表現ですが、言い換えると
「大人で喘息を発症した人は、一旦改善しても10年以内に80~88%の人は再発してしまう」
ということです。

えっ、そんなに再発するの?ショック!
と思われた方も多いのではないでしょうか。


実際のところ、私も喘息持ちなのですが

約20年前、某安売り店の納豆を食べて咳が止まらなくなり、当時勤務していた堀川病院を救急受診し喘息と診断される。ステロイド吸入治療開始。しばらくして改善。治癒?

2001年1月から高雄病院勤務。咳が時々出て、ステロイド吸入と江部洋一郎院長処方の漢方煎じ薬を飲む。

2009年9月まつもとクリニック開業、症状安定、快調。

2013年5月、岩倉にドライブして森林浴。夜からひどく咳き込む。ヒノキ花粉のせい?
しばらくステロイド吸入する。梅雨頃には改善。

2016年春、ひどい発作で夜間不眠。咳込みが続いて息を吸うことが出来ず、窒息、命の危険を感じる。
喘息以外の病気、肺結核、百日咳、肺がんなども心配になり、おがわ内科呼吸器内科医院を受診。
レントゲン、呼吸機能、呼気一酸化窒素測定、血液検査で、重症喘息と診断されステロイド吸入max処方される。以後足かけ1年かかって、徐々に改善。

2017年春、少々咳込みあり。
8月腰椎すべり症手術の時、麻酔科の先生に心配されるが、喘息発作起こらず無事手術終了。

今年の春も少々咳込み。ステロイド吸入2週間ぐらいで改善。

こうして振り返ると結構再発してますね。
治療薬の効果で、今は無治療、息苦しさもなく普通に日常生活送っています。
特に2016年は人生最悪の発作でどうなることかと思いました。

私自身の喘息については、窒息しそうな発作を体験したので
「再発することがあっても、ステロイド吸入で良くなる。発作が出たらその時しっかり治療すればいいやん」
と思うようにしています。


関連記事
プロフィール

ドクター松本

Author:ドクター松本
2009年9月、京都市左京区聖護院(平安神宮北側)に、内科・アレルギー科のクリニックを開院しました。高雄病院で10年間研鑽したアトピー治療のスキルを生かして、アレルギーの診療に日々奮闘中です。

リンク
フリーエリア
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2カウンター