FC2ブログ

石けん手洗いのススメ(新型コロナ感染対策その1)


来院すぐ、洗面所で石けん手洗いを。
 コロナウイルスはエンベロープウイルスなので、石けんの手洗いで十分消毒できます。
 正規品の70%アルコールが供給不足ですので、患者さんの手指消毒用として玄関に設置することができません。
(院内掲示より抜粋)

まつもとクリニックでは感染対策として、来院すぐに洗面所での石けん手洗いをお願いしています。
コロナウイルスでは、咳などの飛沫感染と同じくらいに、手についたウイルスが、目、鼻、口の粘膜から感染する接触感染が問題になっています。

テレビのニュースで、施設の入り口で液体の「消毒液」を手にすり込んだり、物品の消毒のためにスプレーしたりする場面を見ない日はありません。

この状況、私はとても心配なのです。

「その消毒液は、本当に有効なものなのか」と。

コロナの消毒に有効な、「70%エタノール」は医療専門の卸問屋でも流通不十分で、まつもとクリニックでも、2、3ヶ月前に注文して忘れた頃に配達されるような状況です。しかも配達される量は、1回500mlとわずかな量に制限されています。

患者さんの採血、感染が濃厚に疑われる診察後の消毒などに絶対不可欠な「70%エタノール」。本当に節約して大切に使っています。

そのため、クリニックの入り口に「70%エタノール」を設置する余裕は全くありません。

かといって、無印の、本当に有効かどうかわからない液を置くことは、私にはできません。
「70%エタノール」を潤沢に入手できるルートがあるなら教えてもらいたいものです。

。。。前向きな話をしましょう。

実は、石けん手洗いはとても有効な「コロナ対策」なのです。

厚生労働省のホームページにも、以下のように記載されています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 2. 手や指などのウイルス対策
①手洗い
手や指についたウイルスの対策は、洗い流すことが最も重要です。手や指に付着しているウイルスの数は、流水による15秒の手洗いだけで1/100に、石けんやハンドソープで10秒もみ洗いし、流水で15秒すすぐと1万分の1に減らせます。
手洗いの後、さらに消毒液を使用する必要はありません。
参考:新型コロナウイルス対策ポスター「新型コロナウイルス対策 身のまわりを清潔にしましょう。」
 
②アルコール(濃度70%以上95%以下のエタノール)
手洗いがすぐにできない状況では、アルコール消毒液も有効です。
アルコールは、ウイルスの「膜」を壊すことで無毒化するものです。
<使用方法>濃度70%以上95%以下(※)のエタノールを用いて、よくすりこみます。
(※) 60%台のエタノールによる消毒でも一定の有効性があると考えられる報告があり、70%以上のエタノールが入手困難な場合には、60%台のエタノールを使用した消毒も差し支えありません
<注意事項>※アルコールに過敏な方は使用を控えてください。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

クリニックの掲示板には単純化のために
石けんの手洗いで十分「消毒」できます。
と書いていますが、
正確に書くなら、
石けんでウイルスの粒子を破壊して
手洗いで手についたウイルス量を減少させ
感染リスクを減らすことができます。

となります。

厚労省も情報提供しているように
①が手洗い
手洗いできないときは②アルコール
しかも①②合わせてする必要なし。


が正確な情報なので、
まずしっかり石けん手洗いをするようにしましょう。

つづく

(次回は医療現場での手洗いと消毒についてお伝えします)


関連記事
プロフィール

ドクター松本

Author:ドクター松本
2009年9月、京都市左京区聖護院(平安神宮北側)に、内科・アレルギー科のクリニックを開院しました。高雄病院で10年間研鑽したアトピー治療のスキルを生かして、アレルギーの診療に日々奮闘中です。

リンク
フリーエリア
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2カウンター