FC2ブログ

東京、コロナ陽性者100人越えは衝撃、なのか?

7月2日、東京都の新型コロナウイルスPCR検査陽性者が100人を越えたと報じられました。

ぱっと見、びっくりしますね。
「なぜ東京だけこんなに多いのか?」と。

今日(7月3日)の産経新聞朝刊に、
東京都での最近のPCR検査件数は1日2000件以上で、症状の軽い若者が多い、と載っていました。
3月4月の流行期のPCRは1日500件ぐらいだった、とも。

とすると、
同じ100人陽性でも
最近は、100/2000=5%
3月4月は、100/500=20%
PCR検査陽性率は、全然違うことがわかります。


全体のPCR検査件数、陰性だった人の数、

PCR検査受けた人の中の、
クラスター追跡者数
市中感染、風邪、熱など症状があり検査した人数

陽性者のうち、無症状者、自宅静養可能な軽症者、入院が必要な中等症以上の人数

などわかりやすく公開してもらわないと
単に「100人」と恐怖をあおるだけになってしまいます。

これでは「正しく怖がる」ことができません!

クラスター以外の、感染経路不明で
熱があり、酸素吸入必要な人がどんどん増えていれば、
間違いなく「怖がる」状況になっていると言えます。

現状は、そこまでいってないのでは?と感じますが、
新聞やテレビ・ネットニュースで簡単にアクセスできる情報だけではそれも判断できません。

行政、メディアには加工しない情報公開を希望します。


関連記事
プロフィール

ドクター松本

Author:ドクター松本
2009年9月、京都市左京区聖護院(平安神宮北側)に、内科・アレルギー科のクリニックを開院しました。高雄病院で10年間研鑽したアトピー治療のスキルを生かして、アレルギーの診療に日々奮闘中です。

リンク
フリーエリア
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2カウンター