FC2ブログ

大迷惑! 大陸からの物質2.5

遊星からの物体Xならぬ、中国大陸から大気汚染物質PM2.5が西日本中心に飛来しています。

工場や車の排気ガス、石炭ストーブから出るホコリのなかで、
直径が2.5μm以下の小さなものを微小粒子状物質(PM2.5)といいます。

粒が小さいと肺の奥まで入りやすいため、
アレルギー、喘息、その他の肺疾患を引き起こすリスクのあるやっかいな物質です。

今年の花粉症には、
このPM2.5が悪影響を及ぼすかもしれません。

PM2.5の情報がわかるサイトを紹介しておきます。

環境省大気汚染物質広域監視システム「そらまめ君」

SPRINTARS (Spectral Radiation-Transport Model for Aerosol Species)

九州大学の大気汚染微粒子および黄砂の飛来予測のページです。




関連記事
プロフィール

ドクター松本

Author:ドクター松本
2009年9月、京都市左京区聖護院(平安神宮北側)に、内科・アレルギー科のクリニックを開院しました。高雄病院で10年間研鑽したアトピー治療のスキルを生かして、アレルギーの診療に日々奮闘中です。

リンク
フリーエリア
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2カウンター