FC2ブログ

腰椎手術後2ヶ月

10月16日(月)、クリニック休診日に腰椎手術後2ヶ月の定期受診に行ってきました。

大阪、放出にある「藍の都脳神経外科病院」で手術を受けたので、
京阪、JR学研都市線に乗って、家から病院まで片道2時間弱の小旅行です。

腰椎レントゲンを撮って診察の結果、経過は順調。
主治医の栗林先生からは
「昼間は軟性コルセットして、手術前のように普通に過ごしてください」
「夜寝るときはコルセット外して大丈夫です」
「スポーツは手術後半年以降」
「手術直後は腰椎真っ直ぐに戻っていましたが、今日は側弯して来ています。真っ直ぐな姿勢を心がけてください」
とアドバイスいただきました。

側弯とは、背骨が正面から見て左右に曲がっていることです。

寝ている間にコルセット外すのはちょっと不安なのですが
栗林先生曰く、
「腰椎のボルト止めが固定の主力で、軟性コルセットはお守りのようなものなので大丈夫。」

大丈夫と言い聞かせて睡眠中は外すようにします。


太もものぴりぴり感にリリカは有効!?

両方の太もも前の方にぴりぴりした軽い痛みが続いています。

主治医の栗林先生からは手術後の説明で

「手術で、脊椎椎間孔あたりで神経根に巻き付いていた瘢痕組織を取り除いたのでしばらくしびれが続くと思います。」
「3ヶ月くらいで徐々に良くなります」

と聞いています。

この、痛みというのが結構気持ち悪く、
ピリピリッとバラエティ番組の電撃罰ゲームのように時々くるので
リリカを飲んでみました。

リリカは、神経障害性疼痛の治療薬で
ヘルニアや脊柱管狭窄症で処方された方も多いと思います。

「リリカは効かない」という口コミをよく見ますが
果たしてそうなのでしょうか?

リリカの効能書では、用法用量の項目に、こう書いてあります。

神経障害性疼痛
通常、成人には初期用量として1日150mgを1日2回に分けて経口投与し、その後1週間以上かけて1日用量として300mgまで漸増する。

漸増とは、ちょっとずつ増やすということです。

眠気が良くあるらしいので、初めは1回50mgぐらいから怖々始めました。

全然眠くない代わりに効き目もない。。

1回150mgの通常量にしたところ、
痛みは軽くなりました!

ところが、眠くて仕事が出来ません!!

仕方ないので、徐々に減らして中止しました。トホホ


リリカは効く。しかし、効くように飲むと眠い。

そうゆう結論、ですゎ。

腰椎手術後1ヶ月半

8月15日に、腰椎すべり症の手術を受け、1ヶ月半たちました。

1)手術前に、少し歩いただけでも左脚太もも前面に激痛があったが、手術後全然無くなった。
2)両脚の筋力低下は、徐々に改善中。
3)両方の太もも前面にぴりぴり感がある。

1)については、本当にありがたく、手術して良かったと思っています。

2)筋力低下は、手術後初めて立つのを許可されたときには、ベッドの柵を両手でつかんで力を入れなければ立ち上がれないほど酷く、退院直後、車に乗るときに右脚を両腕でつかんで引っ張り上げないと乗れませんでした。

今は腰をかばって車に乗っていますが、脚は自力で動かせるようになりました。

階段ですが、入院中のリハビリで、危険回避のために「二足一段」、一段上るのに右脚、続いて同じ段に左脚と指示され、退院後もそうしていました。右一段、左でもう一段上がれる力が無かったのです。

でも、最近は「二足二段」脚が疲れてなければ上がれます。脚が疲れると「膝折れ」といって前触れ無く突然悪い方の左膝ががくんと脱力して、転倒しそうになるので注意するよう言われています。この前、久しぶりに軽く「膝折れ」して、油断禁物と思いました。

3)については、、(続く)



プロフィール

ドクター松本

Author:ドクター松本
2009年9月、京都市左京区聖護院(平安神宮北側)に、内科・アレルギー科のクリニックを開院しました。高雄病院で10年間研鑽したアトピー治療のスキルを生かして、アレルギーの診療に日々奮闘中です。

リンク
フリーエリア
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2カウンター