FC2ブログ

病院での手洗いとアルコール消毒について(新型コロナ感染対策その2)

先日のブログ記事「新型コロナ感染対策その1」で

アルコールによる手指消毒よりも、
まず石けん手洗い
とお伝えしました。

厚生労働省ホームページにも載っていますし、

実際の病院でも、
とりわけ清潔操作が必要な手術室に入るときには、
入念に手洗いを行っています。

手術に臨むときに、
「アルコールで十分なんや」
と言って手に70%エタノールを吹き付けすり込んで済ませるような
医療従事者はいません。


今から25年前ぐらいに
普通の抗生物質が効かない
MRSAという
多剤耐性黄色ブドウ球菌が
院内感染、特に接触感染で問題になり始めた時期がありました。

それまでも、「一処置一手洗い」といって
患者さんの診察や処置をしたら手を洗うことが
院内感染対策の基本でしたが、
大人数の患者さんを診察して回る病棟回診の時に、
業務効率化のためにエタノールスプレーを持ち歩きだしたのが、
手洗いの代わりにやむを得ない場合はアルコール消毒でもよいことになったきっかけのように記憶しています。


皆さん、
アルコール消毒が一番ではありません。
石けん手洗いの代わりにやむを得ない場合はアルコール消毒でもよい
のですよ。

また、
アトピー性皮膚炎の患者さんでは、
アルコール消毒で皮膚がガサガサになって皮膚炎が悪化することがよくあります。

石けん手洗い、アルコール消毒、どちらも選べるのなら
しっかり石けんで手を洗うことにしましょう。


次回は、「その消毒、ホントに有効?」消毒についてお話しします。


夏期休診のお知らせ

お盆の期間中、

8月13日(木)より8月17日(月)まで

休診します。

8月15日土曜日の休診にご注意ください。

東京、コロナ陽性者100人越えは衝撃、なのか?

7月2日、東京都の新型コロナウイルスPCR検査陽性者が100人を越えたと報じられました。

ぱっと見、びっくりしますね。
「なぜ東京だけこんなに多いのか?」と。

今日(7月3日)の産経新聞朝刊に、
東京都での最近のPCR検査件数は1日2000件以上で、症状の軽い若者が多い、と載っていました。
3月4月の流行期のPCRは1日500件ぐらいだった、とも。

とすると、
同じ100人陽性でも
最近は、100/2000=5%
3月4月は、100/500=20%
PCR検査陽性率は、全然違うことがわかります。


全体のPCR検査件数、陰性だった人の数、

PCR検査受けた人の中の、
クラスター追跡者数
市中感染、風邪、熱など症状があり検査した人数

陽性者のうち、無症状者、自宅静養可能な軽症者、入院が必要な中等症以上の人数

などわかりやすく公開してもらわないと
単に「100人」と恐怖をあおるだけになってしまいます。

これでは「正しく怖がる」ことができません!

クラスター以外の、感染経路不明で
熱があり、酸素吸入必要な人がどんどん増えていれば、
間違いなく「怖がる」状況になっていると言えます。

現状は、そこまでいってないのでは?と感じますが、
新聞やテレビ・ネットニュースで簡単にアクセスできる情報だけではそれも判断できません。

行政、メディアには加工しない情報公開を希望します。


プロフィール

ドクター松本

Author:ドクター松本
2009年9月、京都市左京区聖護院(平安神宮北側)に、内科・アレルギー科のクリニックを開院しました。高雄病院で10年間研鑽したアトピー治療のスキルを生かして、アレルギーの診療に日々奮闘中です。

リンク
フリーエリア
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2カウンター